テレビでも話題のセフレという関係

セフレと言えば最近話題となっているTVドラマ!
最後からなとんちゃら恋でも「セックスフレンドになって欲しい」と言うセリフが登場したりして、セフレと言う言葉も一般的にかなり定着しているようです。

最後からふたつ目のベッドの中では子供の親同士がセフレとなるような感じの設定でまだ男性のほうがはっきりセフレとしての交際にOKをしていませんよね。
実際のセックスフレンドにおいても実はここはかなり大切な事なんです!自分だけがセフレセフレと舞い上がっていても、相手にとってはもしかすると迷惑な話かもしれないので注意して下さい。
きちんと相手の返事を貰ってからセフレだと言うようにしましょう。
「セックスフレンドになって欲しい…」それはセックスができるからと言って誰でもOKしてくれると言うわけではなく、男性だってセフレと言う関係について悩む場合もあるので、女性はできるだけそのような考え方をする男性をセフレの候補にしないほうが無難かもしれません。
でもこれにはある理由があるので、それでも構わないと言う人は逆に最後からふたつ目の恋に出てくる男性のようなタイプをセックスフレンドにしてみるのも良いでしょう。
セフレとの将来
セックスフレンドにするタイプの男性はできるだけセックスがしたいと言う願望のある男性との交際をオススメします。

最後からふたつ目の恋に出てくる男性のタイプをセックスフレンドにすると考えると、彼はかなり真剣にセックスフレンドについての事を考えているので、セックスフレンドになっても良い付き合いが出来るかも知れません。
しかしセックスフレンドになる前からセフレと言う関係についてあまりにも真剣に考えているので、セフレとしての関係を維持できない可能性が十分にあるのです。

いくらエッチをしても楽しい時間を共有できたとしてもそこで女性のほうがセフレ以上の関係を望んでいない限りは、どれだけ男性が真剣になっても恋人関係になるのは無理ですよね。
しかし真面目過ぎる男性の場合セフレから恋人になるように女性を説得し始める事があり、後にストーカーとなってしまうと言うケースになりかねません。
なのでできれば真面目な男性をセックスフレンドにするのは避けたほうが無難です。

ですが逆に、セックスから始まる関係だってある…と考えているような女性なら真面目過ぎる男性のほうがセフレから恋人、そして結婚へと流れているケースもあるので、最後からふたつ目の恋に出てくるようなセフレの男性が理想だと思います。

セフレを作るときにはそのセフレとなる相手とどこまでの将来を考える事ができるのかをある程度自分なりに描いてみましょう。
もしそこでセフレ以上の遊びの関係しか想像できないなら真面目な男性はNGで、逆に恋人候補としてのセフレなら真面目過ぎる男性ぐらいのほうが信頼し合えるセフレ関係を築く事ができます。

それにしても、ドラマのような展開で子供の友達の親がセックスフレンドになるとなんだかちょっと微妙な感じがしませんか?ですが最近はこのような展開になる大人がかなり増加しているようで、やはり最後からふたつ目の恋のドラマの影響が大きいと言われています。

お互いに離婚していて独身だとセフレ関係に発展する親同士がいたり、教師と親がセフレ関係になったりする場合もあるようで、周りの人には絶対にバレない方法でセフレとしての関係を維持しているようです。

禁断の恋ならぬ禁断のセフレだからこそ、逆にエロさがアップされてセフレとの時間にのめり込んでいってしまうのでしょう。
しかしこれが既婚者同士となると、セフレと言うよりも不倫の領域になってしまうので、とくに子供の親同士のトラブルともなると子供が可愛そうな思いをしてしまうのでその辺の事も考えならセフレとの関係を維持するようにして下さい。子供にバレないように!が第一条件です。

メッセージが必ず必要になります

セフレを作る場合自分の友達関係や、過去に付き合った恋人以外からセフレを作りたいと思ったら出会い系サイトなどを利用してセフレを作ることが多いと思います。

そのようなネット上のサービスを利用してセフレを作る場合にも、基本になるのはやはりメッセージのやり取りが基盤になりますから必ず相手とのやりとりを何度も繰り返して仲良くなっていきましょう。
ものすごく面倒に思いますが、どこの出会い系サイトの中でもいきなり相手と電話で話すような人はほとんどいませんから、やっぱりセフレを作るためには何度かメッセージのやり取りをしなくてはならないと腹をくくっておかなければならないでしょう。
名選手のやり取りを繰り返す場合邪魔をしてくるのがサクラの存在になるわけですが、フリーメッセージのアドレス交換という便利な方法が最近はあるので、これを利用すれば早い段階でサクラを排除することができてしまうんですよ。
どこのサイトでもそうですが、自分の本当の名前を出すことなく相手とやりとりをするためにフリーメッセージの存在はとても便利ですから使い始める人が増えています。

最近ではネット上の仕事に使っていることも多く、インターネットに携わる仕事している人ならフリーメッセージの存在を知らない人はいないのではないでしょうか。
どうしてこれがサクラを排除するのに役立つかというと、サクラはサイトの中で男性客とメッセージのやりとりをするのが仕事でとにかくサイトの中でお金を使わせなければ自分たちの、給料に反映されないのです。

自分たちの稼ぎにするためには男性客とサイトの中でメッセージのやり取りをしなければならないので絶対にフリーメッセージのアドレス交換に応じるようなことはほとんどありません。
時々気まぐれでフリーメッセージのアドレス交換をしてくれるようなサクラも、時々いますがこの場合も楽しいメッセージのやり取りはほとんどなく放置される状態が続いてしまいます。

サイトの中では楽しく話しをしていたけれどアドレス交換をしたとたんに話しを全くしなくなってしまうというような人も、サクラである可能性がとても高いと思いますよ。
それ以前にサクラは、絶対にアドレス交換をしませんからそのような人たちはすべて怪しいと思った方がいいでしょう。
こちらから便利なフリーメッセージのアドレス交換をやさしく申し出たとしても、あった時まで教えられないとかちょっと困ったような理由で断られます。

こちらとしては会うためにフリーメッセージのアドレス交換をしたいと思っているのにと、何となくわけがわからないと思ってしまいますがそのようなわけのわからない理由を当たり前の顔で言うのが、彼女たちの仕事なのです。

彼女たちと云いましたはもしかしたら男性が女性のふりをしてメッセージのやりとりをしていることも多く、このような人たちに対してサイト内でお金を払うのは本当に嫌ですよね。
そんなことを絶対にしないためにも、セックスフレンドになりたいと思った人が現れたらその人とメッセージをそうですね最低3回ぐらいやり取りをしたら、フリーメッセージのアドレス交換を申し出ても大丈夫だと思います。

最初の1回目から、いきなり初めてのメッセージからフリーメッセージのアドレス交換を申し出ると失礼な男性と、思われてしまい普通の一般女性でも離れてしまう可能性もあります。

やはり最低限自己紹介やお互いが趣味の話しなどはしておかないと、アドレスの交換をしてくれない可能性がありますから、最初のうち何度かは我慢した方がいいかもしれません。

一人一人別のフリーメッセージを準備しておく

出会い系サイトの場合何人か複数の人と並行し、メッセージのやり取りを始めると思いますが、少し面倒ですが一人一人別のフリーメッセージを準備して置いてやりとりをした方がいいかもしれません。
時々クリック詐欺やいろいろな方法であなたをほかのサイトに導こうとしているような人たちが、まとわりついてくるようなこともありますがこのような女性とフリーメッセージのアドレス交換をした場合、そのアドレスにたいしていつまでも迷惑メッセージが届くようになってしまうのです。

そうなってしまうとほかの人からメッセージが来る時に困るので、業者につかまってしまったことを考えて一人一人別のアドレスにしておけば、自分にとって都合が悪い相手と判断した人はフリーメッセージのアドレスごと消してしまうことができるんですよ。
消してしまえばあとの自分のお気に入りの相手とだけメッセージのやり取りをすればいいのですから、また新しく別のフリーメッセージのアドレスを準備して新しい人を探し出せばよいでしょう。
幸いフリーメッセージのアドレスは無料でいくつでも持つことができますから、出会い系サイトの中でお気に入りの相手が見つかればその都度新しいアドレスを作って相手と交換していくのが一番良い方法だと思います。

この時 10人の相手に対して全部が同じフリーメッセージのアドレスでやりとりをしていると、だれからメッセージがきたのか最終的に分からなくなってしまいますし、10人の中の一人が悪い人だった場合は、それからずっと迷惑メッセージが届く可能性があるのでそのあとずっといやな思いをしてしまいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加